元々は内装職人

私、代表清野は元々個人で仕事を請け負う内装職人でした。内装職人とは、一般的に工事の最終仕上げをする職人で、工事のクオリティの良し悪しを判断される、『お客さまの反応を一番感じ取りやすい』ポジションです。前工程で入った職人の納め方がキチンとしていた場合、当然仕上がりのクオリティも高くなります。しかし、もし前の職人の納め方に問題があった場合、内装職人が入った段階では、根本的にその問題の解消をすることは難しく、前の作業をやり直すか、悪い言い方をすれば『分からないようにうまくごまかす』しかないという、もどかしさの残るポジションでもあります。

感じていたはがゆさ

お客さまの反応を間近で感じていた私は当時、「ここにお願いしよう!」と期待に胸を膨らませてくれていたはずの気持ちが、曇り始め、安心が不安へと変わっていってしまうような、歯がゆい思いも何度もしてきました。それは、工事に携わる職人同士の連携が取れていないことや、最終ゴールのイメージ共有ができていないために、私が仕上げの作業に入った段階では既に、キレイに納めることが難しい状況のもので、そのような進め方をしている業者の多くは、根本の問題改善のために工事をやり直す体力もなく、一内装職人は、この状態での最善を尽くすしかなくなってしまうといったものです。

小さな安心の積み重ね

そんな『お客さまの気持ちを裏切りたくない』という想いをずっと感じてきた私は、『託された気持ちを心で感じること』が今の原点となっています。そして今、彩ホーム工務店には、お客さまから託された気持ちのバトンを心で感じることのできる、信頼のおけるスタッフや職人が集まってきてくれています。そうして受け取ったバトンは、営業スタッフから現場管理スタッフ、施工に携わる職人から職人へと、彩ホーム工務店が一つのチームとなって大切に繋いでいきます。『もし自分がこうされたら、嫌な気持ちになるな』『もし自分がこうされたら、すごく気持ちが良いな』そんな当たり前のことを考えながら。その中で生まれる小さな安心の積み重ねこそが、彩ホーム工務店が『最も大切にしている』ものです。

多くの不便・不安が
放置されている

工事が終わると、お客さまから「もっと早く相談すれば良かった」と言っていただけることがあります。その多くのお客さまは、毎日不便に感じているが、誰に聞けば良いか分からず、どうすれば良いか分からないので、結局放置し、我慢して使いつづけていたとおっしゃいます。お家の修理やリフォームは、何かが破損して初めて行われることが多いですが、生活するうえで感じる『不便』『不具合』『不安』の解消こそが、リフォームの大事な部分でもあります。それなのに、なぜ多くは放置されてしまうのでしょうか。

キヨさんに聞いてみよう

一つの原因に、家族や親族以外で気軽に相談ができる、信頼のおける存在が減ってきているのだと、私どもは考えています。一昔前であれば、困ったことがあればご近所同士で助け合えるような関係性もありましたが、現在はそのような地域の結びつきも希薄になりつつあります。だからこそ、私どもが目指すのは、一昔前のようなご近所付き合い。『何かがおかしい』『使い勝手が悪い』だけど、『どうすれば良いか分からない』『誰に聞けば良いか分からない』そんなときは、どんな小さなことでも気兼ねなく相談してみてください。そうだ、近所のキヨさんに聞いてみよう

大工工事・修理のお困りごとの
ご相談はこちら
施工エリア:町田・相模原・多摩・横浜・川崎
営業時間:9:00~20:00、土日祝も営業
株式会社 彩ホーム工務店
0120-406-999
〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2079-1
グループ会社
株式会社 彩ホームプランニング

施工エリア
町田/相模原/多摩/横浜/川崎

施工対象
住宅/マンション/アパート/事務所/店舗/倉庫

施工内容
住宅リフォーム/増築・改築/雨漏り修理/屋根修理/外壁塗装/台風被害・風水害修理/耐震工事/バリアフリー対応/ペット・リノベーション/キッチン・洗面台・トイレなどの交換・リフォーム/換気扇交換/照明の増設や交換/BS・地デジアンテナの設置・交換/コンセントの増設・交換/窓ガラス・サッシ・網戸・雨戸の取り付けや交換/ドアの調整や交換・ドアノブの交換/床の張り替え/ベランダ修理/壁紙貼り替え/各部塗装/表札の取り付けや交換/門扉の取り付けや交換/カーポートの設置や修理/シャッターの後付けや修理/雨樋の修理や掃除、など、火災保険対応

メール
問い合わせ
LINE
LINE
問い合わせ