電気のブレーカーが落ちる

消費電力の高い電気機器を使用すると安全ブレーカーが落ちてしまう。

おもな症状とよくある原因 おもな症状とよくある原因

おもな症状と原因 おもな症状と原因

電気のブレーカーが落ちる
電気のブレーカーが落ちる
エアコンを使っているときや炊飯器が炊飯をはじめたときなど、消費電力の高い電気機器を使用すると安全ブレーカーが落ちてしまうことがあります。

壁のコンセントで使用できる消費電力の合計は1,500Wまでです。
1,500Wを超過すると屋内配線やテーブルタップなどに負担が掛かり発熱や火災を起こす可能性が非常に高くなります。これを防ぐために安全ブレーカーが電気の流れを遮断します。

対策・ご提案例 対策・ご提案例

対策・ご提案例 対策・ご提案例

  • 消費電力の高い電気機器のコンセントを分ける
  • 消費電力の高い電気機器を使用するタイミングをずらす
  • 消費電力の合計計算がしにくい「たこ足配線」を止める
  • 消費電力の高い電気機器には専用の電源配線を工事する
    など

キヨのひと言メモ キヨのひと言メモ

キヨのひと言メモ キヨのひと言メモ

家庭内のコンセントは消費電力1,500Wまでで規格されていますが、コンセント1つが1,500Wまでの許容ということではなく、大元の安全ブレーカー1つ1つがそれぞれ1,500Wまで、ということになっています。
安全ブレーカーはこの消費電力の合計が1,500Wを超した場合に作動し、電気の供給を停止しますので、頻繁に安全ブレーカーが落ちる場合は、コンセントの使用状況が偏っている場合があります。
電気機器には消費電力が書かれている名盤がありますので、それぞれコンセントを使用するタイミングで1,500Wを超していないか、高消費電力の機器が重なっていないか、確認しながらお使いください。

ブレーカーや電気配線、お気軽にご相談ください。

このような相談も承っています

  • コンセントを増設したいのですが。
  • 電力会社にアンペア変更をお願いしたいのですが、相談に乗って貰えますか?
  • 漏電ブレーカーが落ちたから、漏電しているのかな?
  • コンセントから火花が出ました、ショート(短絡)したのでしょうか?
  • ネズミがいるようで、電気配線を囓っていないか心配です。

  • その他、電気配線のトラブル、原因、対策、獣害や虫害などでもご相談ください。
お家の「あるあるトラブル」解決 目次へ戻る
お家の「あるあるトラブル」解決 目次へ戻る
大工工事・修理のお困りごとの
ご相談はこちら
施工エリア:町田・相模原・多摩・横浜・川崎
営業時間:9:00~20:00、土日祝も営業
株式会社 彩ホーム工務店
0120-406-999
〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2079-1
グループ会社
株式会社 彩ホームプランニング

施工エリア
町田/相模原/多摩/横浜/川崎

施工対象
住宅/マンション/アパート/事務所/店舗/倉庫

施工内容
住宅リフォーム/増築・改築/雨漏り修理/屋根修理/外壁塗装/台風被害・風水害修理/耐震工事/バリアフリー対応/ペット・リノベーション/キッチン・洗面台・トイレなどの交換・リフォーム/換気扇交換/照明の増設や交換/BS・地デジアンテナの設置・交換/コンセントの増設・交換/窓ガラス・サッシ・網戸・雨戸の取り付けや交換/ドアの調整や交換・ドアノブの交換/床の張り替え/ベランダ修理/壁紙貼り替え/各部塗装/表札の取り付けや交換/門扉の取り付けや交換/カーポートの設置や修理/シャッターの後付けや修理/雨樋の修理や掃除、など、火災保険対応

メール
問い合わせ
LINE
LINE
問い合わせ